こども向け英会話

英語は「書く・読む」から「話す・聞く」
まさに英会話へと変貌しようとしています。

こどものころからの英会話は大切?




小学校のお子様から英会話を学ばせるご家庭が増えてきています。
学校での英語授業の復習・予習に学ばせたり、ヒアリングの授業対策に学ばせたりしています。
小さなうちから英語に触れさせるご家庭が多くなっています。


英会話必修化


文部科学省は、小学校の英語活動の概要を発表

文部科学省は3日、2011年度から小学5、6年で必修化される小学校の英語活動の概要を発表した。
同省作成の教材「英語ノート」(試作版)で計285の単語と、中学1年レベルの50の表現を教え、6年生終了時点で英語を使って遊んだり、自己紹介できたりすることを目指す。

文法や単語の書き取りは教えない。英語を教えた経験のない教師にも配慮し、ヒアリング用CDや「スピーチ指導」のポイントなどを解説した指導資料も導入する。

単語285、50表現学ぶ


小学校の英語活動は年間35コマ(1コマ45分間)実施される。
5、6年ともにレッスンを9ずつに分けて「話す・聞く」を中心に授業を進め、「書く・読む」には踏み込まない。

「英語ノート」には「CDを聞く」「友達の前で発表する」といった活動が多く盛り込まれ、
5年生の「レッスン1」では「世界のこんにちはを知ろう」として、英語の「Hello」だけでなく、中国語、フランス語、ロシア語などの「こんにちは」をCDによる音声と文字で紹介する。
5年生ではその後、ビンゴゲームなどの遊びを通じ、疑問形や否定形も学ばせる。

6年生の場合、「レッスン1」でアルファベットを学び、道案内やオリジナルの英語劇作りなど難易度を上げながら、最終レッスンでは「I want to be a teacher.(私は教師になりたいです)」などと自分の表現で将来の夢を語れるようにする。

教師向けの指導資料では、「冒頭のあいさつ(5分)」「前回の復習(15分)」など45分間の授業をどう進めるか詳細なタイムスケジュールを示し、「指導上の留意点」「カードを見せながら児童に質問する」などの指導方法についても分刻みで明記した。
教材を使用するかどうかは各学校の判断に任せるとしているが、同省では来年度までに、全小学校に250万部を配布、11年度の授業開始に向けて準備を進めてもらいたい考え。

[解説]教え方に工夫を


3年後に導入される小学校の英語活動の教材や指導用資料を、文部科学省がこの時期、授業のタイムスケジュールにまで踏み込んで作成したのは「総合学習」の苦い教訓があるからだ。

「ゆとり教育」の目玉として2002年度から始まった総合学習は当初、「教師の独自性を重視する」として授業の進め方を教師個人に任せた結果、現場の混乱を招き、ほかの教科の補習に充てられるなど、本来の目的が果たせなかった。

小学校での英語活動は現在、全公立小の97%が何らかの形で実施しているが、教科書がなく、
ほとんどの教師が体系的に英語を教えた経験がないという点で状況が似ている。
教師の間に不安が広がっていることを考えると、国として教材を整備するのは当然だろう。
しかし今回の教材には、子供の発達度合いによっては難易度の高い内容もある。
無理に教え込むことで英語嫌いが生まれれば逆効果になる。
教育の質を維持しながら子供一人一人に合った授業を進めるには、現場も、
そして文科省もさらなる工夫を重ねることが必要だろう。(社会部 村井正美)

(2008年4月4日 読売新聞)の記事より抜粋


この記事からもわかるとおり、今までの「書く・読む」中心の英語ではなく、会話中心のまさに英会話が2011年より小学校5、6年の英語の授業で始まろうとしています。
学校で習うよりも早いうちから英語に慣れることが大事だと考えます。


出張英会話


子供が英会話スクールをで習う際、子供が小さい場合は送り迎えが必要になります。
子供がある程度大きくなって一人で英会話スクールに通えるようになっても、
やはり帰宅されるまで心配ですよね…
英会話のWECは出張タイプの英会話スクールなので、
お客様のご自宅に英会話講師が出張いたします。
なので英会話スクールに通う時間が節約できます。
そして子供のご帰宅を心配することもありません。


英会話講師


英会話講師はネイティブ(またはネイティブと同等のレベルのもの)になります。
子供の英会話は発音が特に大事だと英会話のWECでは考えます。
大人になってからでは、なかなかネイティブなみに英語を発音するのは困難です。
子供のうちにネイティブの英会話講師より学び、英語の耳を作ることが不可欠です。
発音できないからリスニングできないとも言われる通り、
英語の耳を作ることが発音の能力を向上する第一だと考えます。


英会話口コミ


英会話のWECでは英会話を受講していただいている生徒様より、新しい生徒様をご紹介していただくことも数多く多くあります。
その中でも子供の英会話の場合、特に英会話講師を気に入っていただきますと、ご紹介いただく俗に口コミというかたちで入会されることが非常に多いと実感しております。
英会話のWECで勉強としての英語ではなく、言語として英語を親しんできので、学校で英語の授業が始まった時にも自然に馴染んでいけたなどの有難い意見も頂いております。